神奈川県 横浜の外壁塗装業者さんに教えてもらいましたよ!

何事においてもお手入れは必要なものです。

わたしの奥さんもそうなのですが、外出する前は日焼け止めクリームを塗ります。

特に紫外線の強い日などは、特に念入りです。

そして帰宅して洗顔をすると、化粧水を使ってお肌のお手入れをします。


このように、女性は特に、自然環境で荒らされたお肌のお手入れを欠かしません。


住宅や倉庫などの建物も、常に厳しい自然環境・状況の中に置かれています。

太陽光や雨などによって、屋根や外壁は傷んでしまいます。

外壁や屋根が傷んだままの状態ですと、次第に建物内部も侵食されてしまいます。

外壁塗装は、傷んだ外壁を修復すること、外壁や屋根そのものの劣化を防ぐために必要なことであります。


色を塗り替えて見た目の美しさを取り戻すだけの作業ではありません。

建物の寿命を延ばすためのお手入れなのです。

外壁塗装の職人さんたちは、建物のエステティシャンさんということですね。

外壁塗装イメージ


※今回取材にご協力頂きました、外壁塗装 横浜 様に感謝です。


お手入れの時期はどれくらいが目安でしょうか

なぜ外壁塗装や屋根塗装が必要であり、重要なことかが分かったと思います。

では、お手入れをする時期の目安はあるのでしょうか。


目安としては、以下をチェックしてみて下さい。


建物が建築されて10年経過している

壁に藻やカビが生えている

外壁にひび割れがある

手で触ると白い粉が付着する


特に外壁のヒビなどを放置しますと、大掛かりな修復工事が必要になる場合もあります。

そうなる前に、外壁塗装でお手入れしてあげましょう。